独学をあきらめて医学部予備校に通った

現役で医学部を受験して、不合格でした

現役で医学部を受験して、不合格でした2ヶ月ほど自宅浪人、その後は予備校に入りました医学部に合格したのは、友達の影響も大きいです

現役で医学部を受験して、不合格でした。
予備校に行こうと思ったのですが、お金がかかると思い、最初は自宅で独学をしていました。
私の家は父親が早く亡くなって、母が働いて学校に行かせてくれたので、母に経済的な負担をかけるのは嫌だったのです。
成績にはある程度自信がありました。
理系の科目は得意で、模擬試験では9割以上取れることもありました。
文系の科目もまあ得意な方で、特に英語には自信がありました。
センター試験を受けた時もかなり手ごたえを感じたのですが、合格することはできませんでした。
自宅で真面目に勉強していたのですが、だんだん焦りを感じるようになりました。
特に来年も落ちたらどうしようという気持ちが強かったです。
それから自分が苦手な科目である国語と社会の勉強が思い通りに行かない点も苦しかったです。
私は昔から国語が苦手で、模擬試験では6割程度しかとれないこともありました。
社会は地理は得意なのですが、日本史がダメでこちらも6割程度のことがよくありました。
典型的な理系なので、文系の科目はダメなのでしょう。
国語は数学のようにじっくり考えたら、得点できると思っていたのですが、不正解が多かったです。